第2話 過去と記憶と運命と act.3

惑星ウォパルの不可思議地域、エネミーの湧かないエリアの調査に来た透火。
原因は直下にある虚空機関の施設保全を目的に設置された結界装置であった。
その装置の設置場所を特定するため、追加調査に乗り出す透火であったが・・・

「・・・はぁ・・・どこにあるのよぅ結界装置ぃ~・・・。」

反応あれど装置は見当たらず、調査開始から(現地時間で)4日が経過していた。
未だ発見報告も挙げれず、ウォパルに滞在する透火。
最初に連れてきていた妹たち3人は、調査継続の可能性が濃厚になった時点で先にシップへ戻らせており、現在は透火1人での調査であった。
・・・いや、1人ではなかった。

『・・・さすがに反応があっても、計測データに不自然な揺らぎが混ざって正確な位置が特定できてないし、なにより地上でない可能性が大いに高いからね・・・。』

アークスが常に携帯するマグ・・・アークスの戦闘技能補助を主とした特性を持つ小型の生体防具であるが、彼女の保有するマグはかなり特別である。
単体で特定人物との交信を可能とするプライベート回線を筆頭に、元来の目的から大きく逸脱する機能をてんこ盛りし・・・カスタマイズという単語では表し得ないレベルの魔改造を施され・・・もはやマグとは名ばかりの別物であった。
現在の通信相手はもちろん、魔改造を施した主であり、このマグもまた自身の一部と称する存在・・・

「ねぇ、おかしくない? 地表部分での座標データと施設内部からの計測データ・・・見れば見るほど数値のズレやら波形やら、ありえないくらい引っ掻き回されててさ・・・トリーがどう見てるのか知りたいんだけど?」
『・・・本体にあるセンサー類の計測データじゃないからね・・・一概には言えないけど、こんな必死に隠す理由が掴めないよ・・・。』

彼女の相棒にして最古の戦友であり、先日の調査の件から補修も兼ねて休暇を過ごしていたキャスト、トリニティである。

『連日の調査データから、おおよその位置と範囲・・・そして効力の強度は判明してるんだけどねぇ・・・。』

通常より大幅に早い現地時間とはいえ、4日が経過しながらも装置発見に至ってない理由・・・それはこのエリア内における強力なジャミングであった。
恐らくは件(くだん)の装置が原因であろう
奇しくも探している装置とジャミングの原因が同じモノと言うわけだ。
ある意味お手上げ状態である。

「・・・最悪だわ。」

脱力と共に恨み節とも取れる一言をもって今回の調査報告書を送信した透火。
その間、キャンプシップでもずっと遊んでいた妹達はすっかり仲良くなっていた。

- 2週間後 -
- アークスシップ4番艦・アンスール 透火のマイルーム -

ウォパルの調査依頼から2週間が経ち、透火はマイルームをアークスシップ4番艦アンスールへと移していた。
10番艦ナウシズのルームは、メンテナンス時に見つかった破損の改修工事が入り、当分使用できない。
本人はトリニティのルームに間借りする気で居たが、周囲からの猛反対&却下を喰らったのであった

「さて、片付けはこんなところかな。」

手早く荷物と手続きを片付けてアンスール在住のフレンド達に挨拶するべく、透火は作業の手を早めた。

ー ??? ー

「・・・さて、下準備は済んだわね。
私のモルモットを返してもらうわよ・・・アークス共。」

狂気と怒気を孕んだ薄ら笑いを浮かべ、黒い女の姿がかき消える。
その場所は普通の人間・・・生物が生身で存在できるはずのない場所・・・多数のキャンプシップが格納されているピラーユニットの外縁・・・宇宙空間。
それからアークスシップ4番艦・アンスール艦内に非常事態を知らせる警報が鳴り響いたのは、黒い女が消えてから僅か500秒ほどであった。

- アークスシップ4番艦・アンスール 艦橋 -

突然鳴り響いた警報・・・しかし、艦橋では1人の女性が冷静に状況を把握し、シップの各所へ情報の伝達と対処を伝えていく。
新生アークス上級職員用の制服に身を包み、童顔にシンプルだがメカニカルなデザインの眼鏡、そして特徴的なツインテール・・・シップ管理を専門として産み出されたハイ・キャスト「シエラ」は、まだ幼さの残る声で各管理職員へ向けた艦内アナウンスを発した。

≪ 第8区42番アクセスポート付近にて謎の爆発現象を確認、トランスポーター及び外壁と一部設備が破損した模様・・・保安員は現場に急行して被害状況の把握と避難誘導を開始してください。≫

現場が現場だけに、一般人へ被害は及ばなかったものの、アクセスポートはキャンプシップとアークスシップを繋ぐ短距離トランスポーターであり、本来なら爆発事故など起きうるはずのない場所・・・
マニュアル通りに対処を進めるシエラだが、その顔には一抹の不安がよぎっていた・・・そしてそれはすぐに「正解」であると分かる

『脆いわね・・・この程度だったらわざわざ進入路を探さずに直接外から入ればよかったかしら?』

人の声とそうでない響きが入り混じった異質な音声・・・この特徴的な声を最後に、現場に急行した保安員の意識は途切れ、彼らとの通信も途絶えた。
その声を同時に聞いていたシエラは、直ちに警報レベルを引き上げ、災害対策のマニュアルから敵性体の襲撃対処へと移行する。

≪ 非常事態発生! 第8区42番ポートよりダークファルスらしき敵性体が侵入! 一般職員及び非戦闘員は緊急退避! 並びにシップ内の全アークスへ緊急通達! 直ちに侵入したダークファルスの迎撃にあたってください! ≫

次回予告

突如現れたダークファルスらしき黒い女
迎撃するアークスを蹴散らし、市街地へと侵入するもそこには歴戦の勇士達が構えていた
だが、黒い女は不敵な笑みを崩さない
奴の目的、そして笑みの理由とは・・・

次回 「襲撃、アンスール防衛戦」

(タイトルネームの方針変更について)
次回より、タイトルネームは謎めいた表現を極力使わない方向で付けていきます
悪ノリが過ぎてましたね、今までのは・・・反省。(´-ω-`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA