第11話 運命(前編)

……一大攻勢から数日後

「……以後、散発的に発生しているダーカー襲撃は、過去の事例よりも規模を若干縮小、出現頻度に至っては大きく水準を下回っている事から、先の大規模攻勢は一定以上の戦果を挙げたものと見做して良いでしょう。」

副司令として報告の総括を読み上げるテオドール、列席している六芒均衡を筆頭に上層部の面々ウルクも静かに内容に耳を傾け、管理者であるシャオも長期集中演算の開始を遅らせて会議に参加していた。

「依然として新たに出現したダークファルスの行方は掴めぬまま…か。」

レギアスが漏らすように現在の最大懸念事項を口にする
新たに出現したダークファルス、過去に出現した【巨躯】と【若人】に酷似しながらもそれぞれ違う能力を獲得し、もはや別物として認識されていた。

「そして自らを【憤怒】そして【嫉妬】と名乗っていました、それぞれを個人として認識し、また呼び合っている事から、今回のダークファルスは少なくとも、個々の思惑で動くよりも、ある程度の連携ないしは共闘関係を以って行動していると見て良いでしょうね。」

ダークファルス【憤怒】は【巨躯】に酷似した外見を有するも、その固有能力は「瘴気」……耐性のない生物の体を徐々に蝕み、やがて自らと同じダークファルスの眷属であるファルス・アームへと変貌させる侵食能力を保有、現状では状態異常を回復するテクニック「アンティ」での回復が見込めず、外科的手段によって解毒処置は施せるが、一度侵食された生体組織を復元する手段はなく、影響を速やかに排除するしか対処法が無い

同じく【若人】に酷似した外見を持つダークファルス【嫉妬】の固有能力は調査の結果「重力」と認定された
その効果範囲は限定的ながら、対象物を空間ごと切除・抹消する能力は、効果発生前の状態に限定して一定以上の高圧縮フォトンによる物理的干渉を行う事で無力化には成功しているが、一度効果が発生してしまえば回避も防御もできないのが現状である

「どちらも喰らったらタダじゃ済まない、ってのは一目瞭然だな……。」

如何にも、という口調でヒューイが実感を皆に伝える
実際に【憤怒】を相手にした者の言葉だ、もし、次に相手をするのなら前以上に警戒すべき相手になるであろう、その言葉には軽口で済まされない重みがあった

「……ですが、対抗策が在るのと無いのでは話は別です。
 予てからの研究が進み、次世代戦術基礎理論の雛形たるMRSによって、いくつかの対抗策が見えつつあります。」

クーナの言葉を皮切りに、シエラが皆へとMRSにおける研究成果をまとめた報告書を転送し、それぞれの手元にある画面に表示させた

「実験段階も大詰めを迎え、MRSにおける研究成果の一部ですが、主任研究員の解説と見解を含めた報告資料をお手元に表示しています。
 まず現状、荒削りな内容に過ぎますが、システムの適合者の選定により10名の適合者と候補者の選抜に成功、内5名は既に実働試験の一部を終了し、現在、洗い出された問題点と改善点、その他の実働試験による課題などをフィードバックしつつ、さらなる強化と改善を模索中。
 他の候補者5名のシステムも実働試験データのフィードバックを受け構築作業が急ピッチで進められていますが、内1機の実働に対する問題とデータ不足によって開発に大きく遅れが生じています。」

あのベルトを開発した主任研究員に拠れば、現在、実働に耐えうる物が5つ、開発が進められている物が5つあるが、そのうち1つだけが何らかの問題で大きく遅れているものの、全体に大きな問題はなく、そして残る4つは実動機からのデータ提供を受けて開発が進みつつある様だ

「・・・主任研究員からは、残る4機が完成すれば、最後の1機の問題も自ずと解決に向かうはずだと言っていました。」

全員が資料に目を配る中、シャオだけは資料だけではなく、実動機からフィードバックされたデータにも目を通していた
演算能力はシオンに劣るとはいえ、その圧倒的な演算能力によってオラクル船団の管理管制に無くてはならないものだ……その能力を活用してMRSの問題点や課題を予測していたのだが、シャオの表情は暗いままだった

(……彼らが手掛けている以上、MRSは特に問題なく結果を残すだろう……
 でも、何故か不確定要素が拭えない……何なんだこの不安感の正体は?)




- アークスシップ艦橋エリア -

会議を終え、会議室との通信回線を閉じるシエラ
通常はあまり人の出入りが少ない艦橋だったが、先だっての襲撃やその他不測の事態に対して暫定的ながら対策を講じる為、多くの作業員が出入りしていた
その中に、MRS開発主任であるトリニティの姿もあった

「……なら、クラック対策と防壁の構築は研究所と綿密なプランを立ててくれ、奴らは主に外部から何らかの方法で侵入しているけど、いくら何でも堂々と入り口を通っては来ない……外壁にも対策を講じないと……。」

「主任、緊急対策マニュアルの草案が来てます。」

「後で目を通すよ……すまないね、行く先々で連絡がひっきりなしに来るんで指示に追われてるのさ。」

通信や指示の催促もようやく一段落し、トリニティは周囲の所員からシエラの方へと向き直る

「いえ、私じゃ対策マニュアルなんかは作れても、実働そのものはおまかせするしかないですから。」

皮肉を言われると思っていたトリニティだが、シエラは逆に笑っていた
普段は1人でここに常駐するため、面と向かって話をする相手すらも少ない
だが今の艦橋には、大勢の人が集まり、指示を飛ばしたり受け答える生の人の声がする……シエラにとってそれは新鮮な体験であった

「それで、会議の方はどうだった?」

「現状と例のシステムの進捗報告、それと襲撃に対する対策が主な議題でした。
 ですが……対策としては、早急かつ安直な案しか出されず、情報部主導で独自に進められているこの対策以外、マトモな対策は無かったです。」

未だ奴らの侵入経路が特定できていない現状では、完全な対策など夢のまた夢……
今まで通り、管制から出される予測情報に頼るしかない
しかし、万が一にも同様に侵入され、制御の一部でも侵されようものなら瞬く間に艦全体が危機に陥ってしまう……情報部はその対策として、研究部と総務部を巻き込み、情報処理や演算の中枢であるこの艦橋から電子的対策を講じようとしていた
無論トリニティもこの研究部の所属であり、MRS開発の功績からこの対策チームに呼ばれていたのである

「それはまた、なんとも言えないなぁ・・・。」

上層部は再度の侵入を危惧してはいるものの、これといって具体的な対策や方針を打ち出すには情報不足であり、敵に対して先手を取れない現状に業を煮やしているのだろう……しかしながら、新たなるダークファルスの顕現、浮足立つのも無理はない……取り込まれた【仮面】の助力もあって辛うじて「深遠なる闇」の完全復活を阻止している……しかし現状のままではじわじわとアークスは疲弊していき、総戦力を傾けての大規模な復活阻止作戦はいずれ立ち行かなくなる
そんな中での新たなるダークファルスの出現の報が、オラクル船団の希望を打ち砕かんとしているのだ

「待つのが絶望しかなくても、僕らは足踏みする訳には行かない……。
 その為にも、この対策プランの完遂とMRSの開発を進めなきゃね。」

そう言ってトリニティはシエラにデータスティックを手渡す
すぐにデバイスへ接続したシエラは中身のデータを見て驚愕した

「……すごい、コレ……シップ内リミッターシステムの改善案ですか?!」

「正確には改善じゃない……これはリミッターシステムを応用した特定対象への抑制干渉システム。
リミッターシステムの干渉度合いをフィールド内の個人レベルにまで細分化して処理するから、対象の位置を把握するだけでリミッター強度を対象に絞ることが出来る、これでシップ内にダークファルスが現れても、大幅な能力ダウンを強いる事ができるはずだよ。」

現状のシップ内リミッターシステムは、フォトン抑制の干渉レベルをエリア毎でしか変更できず、敵性体が侵入した場合の戦闘に際して、限定されたエリアの迎撃には向かない仕様であった
しかし、この応用システムに変更する事で、個人レベルでの抑制と開放を任意に変更でき、敵性体だけに強力な抑制干渉と行いつつ、味方を対象外として指定する事ができるという

(以下、最新追記更新分)

「対象の認識を細分化させるのに少々手こずったけれど、これで侵入に対する一定の備えにはなったと思うよ。」

万全とは行かないまでも、こうやって最善の一手を模索し即実行に移す彼の手腕をシエラは認めている……しかし、彼は自身を『マッドサイエンティスト』と嘯く
こうやって大衆にも認められる程の技術と才能を惜しげもなく披露し、船団へ貢献している生みの親に対して、何故自身を貶める評価を自ら下すのか……

「……どうしたんだい、シエラ?」

「あ、いえ……なんでもないです。」

シエラはハイ・キャストとは言えまだ生まれて間もない子供と同じ精神年齢だ
ふと頭の隅に浮かんだ複雑な感情……子供は感情表現がストレートであり、隠す事には慣れていない
トリニティが察したのかは不明だが、シエラは顔を隠すようにホロモニターを展開し表情を悟らせまいと努める事にした




- アークスシップ外部・宇宙空間 -

遠巻きにオラクル船団を眺める漆黒の影が1体……
シルエットから辛うじて女性であることが伺い知れる、その女は船団を不敵な笑みを浮かべながら眺めていた

「【色欲】……次の舞台、貴様の好きに暴れるが良い。
 我らはその間に其々の目的のために動く……せいぜい派手に踊れ。」

虚空に佇む漆黒の女……
ダークファルス【色欲】はこの場に立つ前に【憤怒】の言葉を思い返していた……先の戦闘では思わぬ増援に興が削がれた形となったが、今回は勝手にしろと放置宣言をされた……つまり、己が自由に相手を探し出し、心ゆくまで剣を交えられる
言い放った【憤怒】からすれば見放したのであろうが、彼女にとってそれは重たい枷を解かれただけであり、最も求めていた状態に等しかった

「……あぁ、レギアス……次こそ君と最後まで楽しもう……。」

【色欲】は不敵な笑みを崩さず、遠巻きに眺める船団を注視し、合図を待った
それは、船団を絶望に叩き落とす「鐘の音」となって虚空に響いた




- アークスシップ・動力システム制御室 -

巨大な移民船であるアークスシップはそれなりの動力システムを各艦に備え、あらゆる状況に対応すべく、あるいは多種多様な設備を十全に機能させる為、日常的に非戦闘員も働いているのは言うまでもない
各艦の動力システムもまた、整備や保守点検の作業を行う人員が常駐している
しかし、この瞬間だけは誰一人として動く気配はなかった

「……苦労した甲斐があったわね、これだけの出力を得られれば『次の段階』に移る日も近いわ。」

声とともに虚空から現れる漆黒の女……ボディラインを強調しつつも露出は控えめで左右のデザインが違うサイハイソックスにハイヒール、そして数珠繋ぎとなった胸元のアクセサリ……
【若人】に酷似した黒服を身に纏う新たなダークファルス【嫉妬】は誰にも気付かれることなく、シップの動力システム中枢へと辿り着いた

「『アイツ』の思い通りに動くのは癪だけど、其々の目的が果たせるんなら何だって良いわ……。」

ダークファルスとなった自身にとって……いや、元からダークファルス達に『仲間』という概念はない
しかし、『誰か』の手引によって【嫉妬】がココへ来れたのは明らかであった

「……それじゃあ、ゆっくり、じっくりと堪能させて貰うわよ。」

不敵な笑みを浮かべ、シップの動力システムを見据える【嫉妬】
彼女が来るほんの少し前……先程まで動いていた人達は全員倒れ伏し、その首から下だけが残っているだけであった

…To Be Continued

虚空に鳴り響く警報音
惨劇の傷跡も癒えぬ間に、黒衣の破壊者は再び現れた

船の動力を奪い力を増す【嫉妬】
京楽愉悦の為に人を殺し食べる【暴食】
運命の相手と死闘を望む【色欲】
ただそこに居るだけで全てを殺す【怠惰】
かつて奪われた全てを奪い返す為に全てを蹂躙する【憤怒】と【強欲】
そして……自らの目的を果さんと暗躍する【傲慢】

それぞれが目指す先に待っていたのは、地獄と苦悩の狂宴
そしてさらなる絶望の幕開けであった

次回、PSO2-ACE’s 第12話 運命(中編)

闇に魅入られし者達の狂宴、死闘の先に待つのは絶望か、それとも……

次回の更新は 3/11の予定です、お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA