第17話 【災禍】、降臨

突如発令された警報……シエラの慌てふためく声……だが、その文言に戦慄を覚えないアークスは皆無であった。

« シップ内に転移反応! これは……ダークファルス?! »

10番艦ナウシズのアークス専用区画、その一角に……まるで黒いシミの様な空間の裂け目が発生し、徐々に広がって漆黒の少女が姿を表した。
小柄な少女の姿をした闇、そんな表現が相応しいだろう……だが、少女の姿をしていても、その心は闇そのものである。

『……ここか、奴らの巣窟とは……どうも不思議な感覚だな……』

そう口にした少女……だが、言葉とは裏腹に、おもむろに手を翳すと、凄まじい負のフォトンが寄り集まって球体となり、凝縮された破壊の嵐が周囲に吹き荒れた。

駆けつけたアークスがそれぞれの得物を手に迎撃を始めるが、少女はそんな攻撃など意に介さぬとばかりに無視し続けた。
それもそのはず、アークス達の攻撃はその尽くが少女に届く前に爆発、あるいは霧散していき、例え届いたとしてもその体表に触れる直前で軌道を逸らされるか、もしくは受け止め、受け流され、ろくなダメージなど全く入る気配など皆無……まるで見えない壁に全てを阻まれている……状況的にはそんな様子だった。

「くっそぉ……なんで攻撃が通らない?!」
「バリアーか? なんて強度だ……これじゃ足止めにすらならんぞ?!」

悪態を付きながらもなお攻撃の手を緩めないアークスに業を煮やし、少女は右手を掲げ何やらブツブツと唱え始める……その様子に気付いたアークスの1人が叫んでいた

「備えろ! ヤバいのが来るぞ!!」

『全てを消し去る事こそ我が望み……消滅せよ、忌まわしき者共よ』

その言葉とともに放たれたフォトンの渦は、瞬く間に周囲一体を飲み込んでその全てを砂へと変えていった。



シップ内に突如として出現した銀髪の少女……
だが、その表情と感情は完全に無機質で彩られ、何の躊躇いもなく命を……アークスを消し飛ばしていく
無表情のまま破壊の限りを尽くしながら、彼女は進む

歴戦であろう幾人ものアークスが彼女の行く手を阻もうと奮戦するが、その全てが無意味と化し、打ち破られ、時にその生命ごと刈り取られていく……

『……無意味な……我と対峙する事こそ愚かだと、理解できぬのか……』



« ダークファルス、依然として侵攻止まりません! そんな……こちらの攻撃が届かないなんて……?! »

状況をモニターしていたシエラ、アークスの攻撃が尽く無効化された事に驚愕する。
センサー類の捉えたデータから、このダークファルスの体表には高密度のフォトン皮膜が常時展開されており、一定出力以下のダメージは無効化されてしまう事が判った。
しかし原理が判ったとしても、それを攻略できるかはまた別問題……

状況は悪化の一途を辿るばかりであった……

他の各シップより名うてのアークス達が集合するも、少女型のダークファルスが纏う皮膜の突破は困難を極め……さしたる損傷を与える事すら出来ないでいる。

「……俺達の攻撃が全く通じてねぇ……!」

「一体どうすりゃ奴を止められるんだ?!」

徐々に諦めムードが漂い始める……到着したシナノ達はその光景に怪訝な表情を浮かべるのだった

「……シエラからの報告だ、奴のフォトン皮膜は通常武器の出力を遥かに上回ってる。
 こっちもフルパワーで挑まんと突破は難しい……だとよ!」

「オーケー、やってやろうじゃないの!」

「奴ガドンナ輩ダロウト、俺ノ邪魔ヲスルナラ纏メテ斬リ捨テルマデヨ……」

「皆、相手は未知の相手だ……油断するなよ?」

シナノの檄に、3人が頷く……それと同時に、以前よりも更にパワーアップを施された各々のベルトをそれぞれが取り出して装着……もはや慣れた動きで変身していく

« Hyper Cast-off… Change Hyper-Beetle!! »
« Drive!! Type-Formula!! »
« Standing-by… COMPLETE!! »

「ハァァァァァァ……ハァッ!!」

それぞれが変身を終えた後、ダークファルスの少女を見据える……
少女もまた、退屈だった時間に指された一手……少しは楽しめるのかと期待したかのように待っていた。

『……来るが良い。』
「行くぞ、皆!!」

 全てを圧倒する程の速度を叩き出すタイプ「フォーミュラ」……sukeixisuが初手を繰り出す、それは音速を超えつつある程の速度でダークファルスへとねじ込まれる……フォトン皮膜がダメージを阻むべく抵抗するが、事前に演算されていたのだろうか皮膜をあっさりと突破し、黒衣を纏う身体を軽々と空中に突き上げた。

 追撃で放たれたのは、龍鬼の持つ両手の棍棒らしき武器から飛ばされた火炎弾……
フェイントとして見たのか、ダークファルスはすぐさま体勢を整え直して空間を飛び越え、火炎弾をやり過ごすがそれも見越して龍鬼の太刀が転移直後の隙を捉え、すれ違いざまに斬り付けられる……

 間髪入れずに直撃したのはフルチャージされたフォトンブラッドと、粒子エネルギーが凝縮された竜巻という大出力攻撃……ハイパーカブトのマキシマムハイパーサイクロンとファイズ・ブラスターフォームのフォトンバスターが、さながら十字砲火の如くダークファルスへとヒットし、空間が揺れる程の大爆発を引き起こした。

勿論、威力はシップ内という事もあり、外部への影響を極力抑えた状態ではあるが、これだけの威力を直撃させて倒せないなら、最早アークスに打つ手はない……

 爆煙が徐々に晴れていき、満身創痍……とまでは行かないものの、十分なダメージを与えたと判断できなくもない状態の黒衣を纏った少女が現れた……涼しげな表情ではあるが、さすがにやせ我慢できなかったのか口の端から流血が見えている。

だが、シナノ達は油断せずに構えを解かない……

『……貴様達を舐めていたのは、謝罪しよう……だが、次は……』
「彩……ちゃん? ……彩ちゃん!!」

苦悶の表情を隠しながら撤退をすべく空間転移を行おうと腕を振った直後に響いた声……本来は休日だったのかアークス御用達の戦闘服セットではなく、いかにもと言った日常的なスタイルの服装をして、息を切らしながらも叫んだピンク髪の少女……透火が瓦礫の影から飛び出していた。

戦闘服でもないのにまるで気にも留めず、さらに相手の格好すら無視して透火はダークファルスの少女へと駆け寄り抱きしめた。

『何……を? 貴様……正気か?! この我を前にして……』
「いっぱい探した! 全部の惑星隅々まで行った! 行ける所何度も行った! それでも見付けられなかった……でも帰ってきた!! もう大丈夫だから……」

相手の言動をまるっと無視して透火は己の言いたいことだけをぶち撒ける……それもそのはず、透火はあの時からほぼ休み無し……まるで何かに取り憑かれたかの様に義妹を、彩火と名付けた少女を探していた。
 ……後で知った事だが、シップを出入りする際に記録される入出管理記録を調べた結果、彼女は最初の出撃時に乗ったキャンプシップで帰る事なく惑星に居残り続け、探索し尽くすと次の惑星へと移動……その間、母艦であるアークスシップへと戻った記録は一切なく、食料その他の持ち込みは……協力者に運んで貰ったか、偶然居合わせた他のアークス達に分けて貰う……時には原始的な生活よろしく原住民や原生種の生物を観察して、可食な物を厳選して凌いでいた事が判った。

無論、この事実が明らかになった際にはレギアスが直々に連れ戻し、マリアと組んでこれでもかと説教地獄を喰らわせたが、それにも滅気ずに「再犯しかねない」という事でゼノとエコーに監視された状態でシップ内に軟禁されていたのである。

この諦めの悪さを、能力向上に向けてくれたら……
……そうぼやいたレギアスを、珍しくカスラが宥めていた事を知る人は少ない。

『……貴様、この我を……ック……!!』

無遠慮に抱きしめられる身体を振り解くのは容易い……が、黒衣の少女は、明らかに苦悶の表情……忌々しそうな目で透火を睨もうと首を向けるが、その眼には一粒の涙が見えていた。

黒衣の少女は、突然の奇襲(攻撃ではないが)に完全に狼狽えていた。
何もダメージを負ったからではない、抱きしめて来た少女の声を聞く度に……揺れる髪から漂う匂いに……そして触れた身体から放たれるフォトンの感触に……覚えの無い安らぎと知らない感情、そして凄まじい頭痛によって正気では居られなかったのだ。

(何なのだ、何なのだコレは?! この我が……狼狽える……だと?!
 知らない感情、覚えのないこの感覚、そしてこの痛み! どうなっているのだ!?)

全てが未知の感覚……しかし、それは紛れもなく身体が覚えていた感覚だ。

黒衣の少女、ダークファルス【災禍】と自らをそう呼んだ少女は……
1ヶ月ほど前に失踪した少女……救出された元・【敗者】の被験体だった少女、彩火であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA