第8話 「大罪」の名を持つダークファルス

「……な、なんなんだ……あのサイズは……!」

「デケェ……前に戦った【巨躯】よりも遥かに……!」

地を割って現れたのは、巨大な影……8本もの腕と眼を持つ、40年前に初代クラリスクレイスによって封印され、ごく最近において封印が解かれてしまい、再びアークスに対し“闘争”と称して戦いを挑み、今なお猛威を振るうダークファルス【巨躯】、その完全体と呼ばれる姿に酷似していた。

『……虫ケラ共よ、この我が自ら引導を渡してやろう……さぁ、歯向かえ!
 そして、この【憤怒】の力の前に力なく跪き、醜く滅び去るが良い……!!』

自ら【憤怒】と名乗り、自信満々にアークスへと宣戦布告。
同時に帯同させた大量のファルス・アームが周辺のアークスへと群がり、文字通りの蹂躙を開始した。

「……っ、シエラ! 全アークスに緊急指示! 調査地点LH403にて【巨躯】に酷似したダークファルスや取り巻きと交戦中! 大至急、応援を寄越して!!」

調査チームとして同行していた総務部副司令のサラが、自身の権限を以てシエラへ緊急指示を伝える

« わ、わかりました! 付近を活動中の全アークスへ救援要請を発令!
  以後は緊急対処マニュアル・B-3にて対応しますっ! »

指示を受け取り、シエラも即座に「緊急対処マニュアル」にてシップ内の各部署への指示と全アークスへの通知を開始……その間にも【憤怒】と名乗るダークファルスからは激しい攻撃が続いていた

『フハハハハハ! 我が力の前には、何人であろうと無力よ!!』

ダークファルス【巨躯】の固有能力は「凍結」……
40年前、惑星ナベリウスの地表の約1/3を凍土へと変えた力であり、今もなおその地は永久凍土として惑星ナベリウスに存在し続けていた。
しかし今、目の前にいるのは【巨躯】ではなく別のダークファルス……付近にいるアークスたちを苦しめているのは極寒の冷気ではなく、肉体を徐々に蝕む毒霧……所謂「瘴気」であった

「この瘴気……吸ったらしばらく動けなくなりそうだねぇ。」

迫りくるファルス・アームを双機銃で牽制し、瘴気を避けながらクロトはサラと移動を続けていた
足元には瘴気に捲かれ、呻き苦しみながら痙攣するアークスも散在しており、自分たちもいつ瘴気に捲かれてしまうか分からない。
しかし、このまま移動しないのは却って瘴気に捲かれる危険は変わらず、むしろ移動することで【憤怒】の巨腕攻撃からも離れられる……この状況で孤立する訳にも行かない

「風系テクニックを使えば、瘴気を気にせず攻撃に専念できるはず…!」

「そしてその軌跡を辿れば、武器が届く距離まで近づける!」

自分たちの編み出した即興の対処法を周囲の動けるアークスへと伝えながら、サラとクロトの側まで移動してきたマールーとオーザ。
マールーが風系テクニック「イル・ザン」で瘴気を払い除け、近くにいたファルス・アームへ続く道を開くと、オーザが先陣を切って突撃……サラとクロトもその後に続き、その光景を見ていた周囲のアークス達もそれぞれに連携を取って反撃を開始し始めた。

« ククク、小賢しい真似を……だが、その程度の猿知恵では我に届かぬぞ? »

それまでアークスの劣勢を静観していた【憤怒】だったが、冷静に瘴気へと対処していくアークスが徐々に増えているのを見て一言……


実際問題、ファルス・アームが振り撒く瘴気に対する対処としてだけなら十分戦果を挙げているのだが、本体であるダークファルスが発する瘴気に対しては効果が薄い……いや、薄いというのは語弊だ……確かに瘴気を払い除ける効果はあるのだが、その後、むしろ本体へのダメージが期待できない


簡単に言うならば現在、アークスの殲滅目標であるダークファルス【憤怒】のサイズ……比較対象が自分たちだけというこの環境ではサイズ感が狂っても仕方ないであろう

当事者たちは必死に対抗しているが、相手は巨体……少なく見積もっても、元が船の残骸であった足場に匹敵するということはつまり、幅だけでアークスシップ……つまり、長距離移民用の航宙艦1隻に匹敵しているということである

どんだけデカイんだよ……

« 矮小な貴様達では我を滅する事など不可能!どれだけ集まろうが烏合の衆よ。»

「……せめて、この瘴気が無ければまだ手の打ち様があるんだけどなぁ……。」

その上で周囲には全天を覆うように群れを成して飛び回る無数のファルス・アームの大群……絶望しそうな気持ちを必死に抑えつつ、逆転の一手を探るようなクロトの一言に遠くから響いた「あの男」の大声が応えた

「……ならばその一手、俺達に任せて貰おう!!」

応戦する一団を見下ろせる高台に立つ1人のアークス、ワイルドな青いツンツン頭でオレンジ色のド派手なアーマーに身を包み、どんな遠距離からでも一定の声量を保って響く声を持つ男……アーマーには六芒均衡を示す「六花の紋章」……

「困った時こそ俺の出番!六芒均衡の六、俺ことヒューイ参上!! とぅっ!」

擬音をわざわざ口に出し、跳躍と同時にかき消えたその姿は、次の瞬間、響いた爆音と共に吹き飛ぶ1体のファルス・アーム、それが居たであろう位置に移動していた

「……やはり現場の混乱に乗じて数を減らしに出たか……老骨とはいえ、私の勘もそれほど鈍ってはいない様だな。」

瘴気のせいで立ち回りに苦しむクーナの耳に届く声……振り向いた瞬間さらにファルス・アームが1体吹き飛び、余波と土煙の中から純白のキャストが姿を表す

「……遅れた分はキッチリ働いて下さいよ、レギアス。」

「無論だ、皆を下がらせよ……奴の相手は我ら六芒均衡が務める。」

「創世」を握り直し、レギアスが構えを取る……ヒューイも「覇拳ワルフラーン」を手に、群れるファルス・アームを見上げて見栄を切った

「六芒均衡の力、今こそ振るう時!」
「……我等が力、その身で確かめよ……!」

« ヌフハハハハハ!! 見せて貰おうぞ!! »

地の底から響く低い笑い声、一斉に襲いかかるファルス・アームの集団、臆すること無くレギアスとヒューイは武器を構えそれぞれに走り出した



- 同時刻 アークスシップ艦橋エリア -

「六芒均衡、レギアスさんととヒューイさんが現着!
 戦線を押し上げています……カスラさんとマリアさんも現場指揮系統の混乱を
 徐々に収めつつあります!」

「負傷した人員は座標を特定し次第順次回収、それと取り巻きの対処には予備の人
 員を投入…前線の維持と撤退支援に向かわせるんだ。」

「了解!」

艦橋に響くシャオとシエラの声……次々と指示を飛ばし、【憤怒】出現時に崩れてしまった戦線を再構築するべく対策を講じていく……
その時、通信の呼び出しが鳴り響き、シャオの右手付近のモニターにある人物の顔が映し出された

「予想より状況が悪化している、君達にも出て貰うよ。」

« 想定してあったとはいえ、こちらの予想よりだいぶ規模が大きいな……。»

「初動の遅れが原因じゃない、敵はまだ『隠し玉』を用意していると思う……
 想定外の事態は覚悟しておいたほうが良い。」

シャオの顔は厳しい……最大限の対策を講じているとはいえ、新たなるダークファルスの出現によって状況は芳しくない、通信の相手も至極当然と理解しており、事前に準備していた策とは別に、間に合せだった一案を進言した

« なら、あちらさんの読めない手をもう一つ追加して対処するよ……
 ぶっつけ本番だけどね。»

「また『1つ』が出来たのかい?」

思いがけない朗報にシャオの顔が一瞬だが緩んだ、『また一つ』というのは他でもない、通信の相手……トリニティが手掛けている『新たなる力』の事だ

« 元々、担い手だけは最初に見つかってたんだ……メインシステムの構築と派生プ
ログラムの連結に多大な時間を要したし、専用の装備だってジグ爺さんに無理言って最優先で組み上げて貰ったからねぇ……
 でも、おかげでこの戦闘に間に合ったし、先行させた4機にも反映させられてまた強化もできる、期待は裏切らないさ!»

力のこもったセリフを最後に通信が終了し、顔を上げたシャオの眼に映る1機のキャンプシップ……あの巨大な的に対する『新たなる策』を載せて、戦闘宙域へ向けて飛び立っていった

(先日の襲撃時も『あの力』は敵に対して想定以上の成果を挙げていた……
 期待しているよ、みんな!)



それから1時間後……

- ダーカーの巣 ダークファルス【憤怒】出現エリア -

「そぉりゃぁぁあ!!」

「ふんっ!!」

「ぬおぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

「せぇいっ!!」

« クッフフフ……どうした、息が上がっているのではないか? »

レギアスとヒューイの2人が先陣に立ち、かれこれ1時間が経過している
六芒均衡である2人の顔色は未だ余裕が見えているが、さすがに他のアークス達は疲労の色が濃く、自然と交代要員へバトンタッチしながらローテーションで対応している……ふとその時、それまで沈黙を守っていた【憤怒】だったが、さもつまらなさそうに口を開き、そう問うたのだった

「そういうアンタは、手を出して来ないじゃないか……
 さては俺にビビってるんじゃないのか?」

レギアスは返答する気もない様子で黙々と剣を振り抜いていたのだが、そこへヒューイのこの爆弾発言……近くに居たアークス達からは『変な刺激を与えるな!』『この脳筋馬鹿!』などと散々な野次が飛び出す始末

« フフフ……そう言えばそうだな……どれ、少し手を出してやるとするか。»

そう言って【憤怒】はそれまで組んだままにしていた自身の腕を解き、まるでアスレチックの遊具になったかの様に振り回し始めた

「えぇい、更に面倒な事態に!」

「瘴気も厄介だけど、この腕の動きも……注意して!」

「ふふふ、まだまだ元気そうですねぇ……
 こんな撃ち甲斐がある相手はいつ以来でしょうか~。」

オーザ、マールー、リサもそれぞれ腕の動きに素早く対応するものの、此処に来て元気アピールにも見える【憤怒】の振る舞いに、精神的疲労は拭えない……
だがそこに、アークスシップから増援を乗せて先程発艦したキャンプシップが数機上空で旋回し始め、現場へ増援が到着する

「……思ったより、大きいわね……。」

「この巨大さはさすがに想定外だけど、倒せない訳じゃない……
 ベルトも以前より強化してあるし、何とかなるさ。」

「フン、殺リ甲斐ダケハアリソウダナ……!」

「同感だ、こんな馬鹿デカイ相手……二度と見える機会なんて無いだろうよ!」

「何にせよ、俺達を根絶やしにすると言ってるんだ……
 ハイそうですかって黙って待ってる俺達じゃないんでね!」

「とことんまで付き合って貰うぜ、【巨躯】モドキさんよ!」

最前線へ到着した増援メンバーの中には、以前に人間サイズのダークファルスらしき黒女を撃退した4人の姿もあった




次回予告

膠着していた戦線に増援が到着し
絶対的自信に満ちた【憤怒】に対して反撃を開始するアークス達
報告を聞き安堵するシャオとシエラだったが、シャオは奇妙な胸騒ぎを感じ始める
以前よりも強化されたベルト持ちの4人を筆頭に、果敢に攻める一方
開発者として帯同していたトリニティもまた
笑みを崩さない【憤怒】の態度に対して一抹の不安を感じていた

次回、PSO2-ACE’s 第9話 過去から来るもの

あぁ……ワタシはこの時を待っていたのさ……!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA